FC2ブログ
骨折したのは大変だったけど、決して辛かったわけでもありませんでした。

なぜって、普段なかなか取れない休みを、たぁ~~~~っぷり取って、ティンコロリンとの
ラブゥ~な生活をたっぷり満喫できたこと、とにかく四六時中一緒で、離れることが無かったくらい
朝から晩までベタベタ チュッチュッ
最高でしたねぇ~

そして、動けなくなって始めて知ったいろいろな出来事
みんな、みんな、いい人ばかりで驚きの連続

私より、あなたの方が大変そうなのに、と思うようなおばあちゃんに、病院を出るとき
私の脱いだスリッパを『いいのよ無理しないで私が片付けてあげるからあなたはそのまま行きなさい』
と言って頂いたり、まつば杖ではコンビニの扉を開けて入っていくことが出来ず困っていたら
見知らぬ男性が駆け寄ってきて開けてくれたり

お買い物に出歩けるようになっても、まつば杖ではスーパーのカートを押すことが出来ないので
困っていた時、お店の方が付きっ切りで押してくれたおかげで必要な物が買えたり

金髪に真っ赤な毛がところどころにあるようなパンクな女の子が
レジを打ち終わった後、買った袋を持って、ドアを開けてくれ、車までそのまま袋を持ってきてくれたり

まだ、まだ、話したらきりが無いほどいろんな親切をうけました。

世界中が優しさと親切に満ち溢れているように感じられたことが、とても嬉しかったのでした。

私は今まで、不自由な人を見たとき、これほどまでに親切ではなかったのではないか?
ああ~恥ずかしい、これからはもっと、もっと率先して親切にしなくっちゃ!

優しさと、親切、あたたかな心は、こうして人の心をうち、伝達していくのかもしれないなぁ~
親切にして頂いた人達はみんな一度も会ったことが無い他人だけど、みなさん本当にありがとう
とても嬉しかったです。




そして、自宅でもこの方がとても親切でして・・・




1


ストーカー的親切?


2


骨折前はこんなことをする子じゃなかったんだけど・・・


3


とにかく何をするにもずっと側に付き添っているのです。


4


そんなにがんばったら疲れちゃうじゃないの~


5


ふう~ やっと居なくなったわ


6


と思ったら、ドアの影で待ってたの?





       我が家の怖いほど親切なティンコロリンにポチッと優しさを
スポンサーサイト